禁煙外来とは

禁煙外来のイメージ写真

禁煙外来は、喫煙習慣を止めたいと考えている喫煙者の方を対象にした外来です。
禁煙治療に関しては、全額自己負担(自費診療)と健康保険が適用されるケースがあり、後者の場合はある一定の要件を満たさなければ適用外となります。
なお、その判断については初回の診察で医師が行います。
ちなみに自費診療でも保険適用であっても治療内容は同じです。適用か否かを判断する一定の要件とは以下の通りです。

禁煙治療に健康保険が適用されるケース

  • ニコチン依存症を診断するテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)で5点以上
  • 35歳以上の方でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります)
  • すぐに禁煙したいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意し、説明内容に納得された時は、文書で同意(サイン等)すること

※過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年が経過しないうちは「自由診療」となります。

タバコに含まれる有害物質は200種類以上

タバコの煙の中には、200種類以上の有害物質が含まれるとされ、その中の約50種類の物質に発がん性があると考えられています。
そのため、タバコが原因と考えられるがんは、肺がんや喉頭がんだけでなく、胃がん、膀胱がん、肝臓がんなど様々あります。
また、がん以外にも動脈硬化や心筋梗塞などの循環器疾患、肺炎やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)等の呼吸器疾患、脳出血や脳梗塞といった脳疾患などの原因にもなることもあります。

このようなリスクを避けるためには、今すぐにでも禁煙治療を行う必要があります。
ただタバコにはニコチンの作用がもたらす脳や身体への快感による身体的依存のほかにも、心理的依存(ホッとする、スッキリするなど)も重なっていることが多いです。
そのため、単なる惰性で喫煙を続けている方よりも、ニコチンがもつ強い依存性によって止められないという方が多いです。
つまりこれは一種の薬物依存の状態でもあるので、禁煙を実践するのは簡単なことではありません。
それゆえニコチン依存症は治療が必要な病気なのです。

治療に関して

禁煙治療を行うには、患者様のこれまでの喫煙歴をお聞きするなどし、医師が総合的に判断したうえで、禁煙補助薬を処方します。
主な処方薬は以下の通りです。
なお処方後は経過観察のためにご来院いただきますが、その際に生活指導を含めたアドバイスも適宜行います。

ニコチンを含まない禁煙補助薬

チャンピックス(飲み薬)

主成分はバレニクリン酒石酸塩です。
「ニコチン切れ症状」(イライラ感や焦燥感など)を軽減させ、タバコをおいしく感じにくくする効果が期待できます。
禁煙開始予定日の1週間前から服用(1日2回食後にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用)し始めます。
なお飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目に禁煙(タバコを自然に吸わなくなったら8日目を待たず、早めに禁煙に入ります)を始めます。
服用期間は通常、合計12週間です。途中で服用をやめたりせず、医師の指示どおりに服用を続けてください。
副作用については、吐き気、不眠症、頭痛などが報告されています。
このような症状が現れたら速やかに服用を中止して医師へご相談ください。

ニコチンを補給する禁煙補助薬

ニコチンパッチ(貼り薬)

ニコチンを含んだ貼り薬になりますが、医師に処方してもらうタイプと薬局などで購入するタイプがあります。
1日1回、上腕や腹部、腰背部などに貼ります。
いつも同じ位置に貼るとかぶれることもあるので、かぶれ予防として毎日違う場所に貼るようにしてください。
パッチによりニコチンは皮膚からゆっくりと吸収されます。
タバコにはニコチン以外にも一酸化炭素などの有害物質が200種類以上も含まれますが、ニコチンパッチにはニコチンの成分のみなので、タバコと比べると安全です。
なお一度に2枚以上は使用しないでください。
また貼った状態で、ニコチンガムの使用や喫煙は、吐き気、めまい、腹痛などの症状が起きることがあります。

ニコチンガム

ガムにニコチンが含まれており、薬局・薬店で購入できます。
これを噛むと、ガムに含まれたニコチンが口の粘膜を通して血液中に吸収され、禁断症状が緩和されます。
1回の使用量は必ず1個とし、徐々に減らします。なおニコチンガムは医薬品ですので、噛み方は普通のガムとは異なります。
正しく使わないと効果が現れないばかりか、逆に副作用を招く可能性もありますので、使用上の注意事項はきちんと守ってください。
なお副作用については、喉などの痛みや刺激感、吐き気や胸やけ、頭痛やめまいなどが報告されています。