睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群のイメージ写真

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、充分に睡眠をとっているのにも関わらず、日中など起きて活動している時であっても強い眠気に襲われてしまう症状のことを言います。
主な原因としては2つのことが考えられます。

ひとつは閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)です。
これは気道(呼吸をするための空気の通路)が閉塞してしまうことで呼吸が一時的に停止してしまう状態のことです。
主に肥満などが原因で首に脂肪がつくことで気道が塞がれる、舌が大きいことで喉が塞がれる、元々顎が小さいことが影響して気道の断面積も小さいなどのことからOSAを発症するようになります。
なお生活習慣病(高血圧、糖尿病)を発症している方でOSAの症状もあるという方は、病状の進行を早め、心筋梗塞などの合併症のリスクが高まるので、速やかにSASか否かの診断をつける必要があります。

もうひとつの原因は、脳からの呼吸命令が出ないことで呼吸中枢に異常が起きる中枢性睡眠時無呼吸症候群です。
ただし、このタイプで睡眠時無呼吸症候群(SAS)を発症している患者様はSAS全体の数%ほどで、特徴として心臓の機能が低下している方によく見受けられる症状です。
そのため心疾患などの基礎疾患があるという場合は、その治療が優先されます。

なおSASの主な症状ですが、睡眠中のいびき、中途覚醒、不眠などです。
これらの影響は、覚醒時の時間帯でもみられるようになり、疲労感、日中の強い眠気、起床時の頭痛などの症状も現れます。
さらにこのまま何の改善もせず、放置の状態を続けると、高血圧、不整脈、糖尿病、脂質異常症、心不全、脳卒中、うつ病などを引き起こすこともあります。
家族の方などにいびきがうるさいと指摘を受けた、寝不足でもないのに日中も強い眠気が続くという場合は、お早めにご相談ください。

検査および治療について

当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群が疑われる方に問診や気になる症状などをお聞きした後、詳細な検査が必要と医師が判断した場合は、簡易型検査装置によるスクリーニング検査を行います。
その結果、治療が必要と判断した場合は、CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行います。

同療法は、ご自宅で簡単に行えるもので、睡眠前に専用の鼻マスクを装着します。
これにより就寝中にある一定の圧力を気道にかけることができるようになるので、気道の閉塞は解消、呼吸停止状態になることを防ぎます。
ちなみに圧力のかけ方は、常に一定の圧力で気道に向けて空気を送る場合と、無呼吸時にあわせて自動的に圧力が増すという2つのパターンがあります。
また鼻呼吸での睡眠が可能となるので、いびきも出にくくなります。

なお治療期間中は、定期的に通院し、体調変化や治療状況などを医師に報告します。
その際に装置に対して違和感などを覚えるようなことがあれば、来院時にご相談ください。